記事一覧

アキストゼニコ!  アキストゼネコ

今回紹介するのは、謎のユニット アキストゼニコ!アキストゼネコです!
「みんなのうた」にて放送された、ノリが良く楽しい曲です。


◆アキストゼネコ(曲)について
「みんなのうた」では、曲に合わせた映像が表示されるのですが、
アキストゼネコは、3D映像の2人の女性が、ひたすらパラパラを踊ります。

当時(2001年ごろ)は、パラパラ第三次ブームが起きており、
そのブームに合わせてパラパラの映像にしたんだと思われますが、
掲示板ではなんか、容認できないといった声がちらほらあったのを覚えています。

なんでも、「みんなのうた」は童謡や民謡など子供たちに向けた曲にするべきであって、
若いモンの間で流行ってるパラパラとかいう変な踊り&曲を、「みんなのうた」にすべきでない
とか何とか。

※自分はアキストゼネコは気に入っているのと、別に信条みたいなのは無いので
「みんなのうた」でアキストゼネコ放送しようが問題ないと思ってました。

いやーともかく当時はパラパラが流行ってましたね。
コナン君ですら真顔でパラパラを踊ってましたよ。
(なぜ真顔?)


◆アキストゼネコ(占い)について
昭和の時代に流行した恋占いらしい。

気になる男女の名前を母音で1~5に変換し、共通する数字を消去
そして残った数字の数だけアキストゼネコ…と数えて結果を出すとの事。

<例>
たなかたろう  たなか よしこ
111 153    111 525
3          2

この場合、たろうは「す」(よしこを好き)となり、
よしこは「き」(たろうは嫌い)となる。 悲しい結果ですね。

※あきすとぜねこ に対応する思いは下記。
「愛してる」「嫌い」「好き」「友達」「絶交」「熱中」「恋人」

【参考画像】
20170620_zeneko3.png20170620_zeneko1.png
↑アキストゼネコの映像。ひたすら二人の女性が
  パラパラを踊りまくる。
↑みんなのうたのタイトル画面。
  女性の曲名を読み上げるナレーションが入る。
20170620_zeneko4.png20170620_zeneko5.png
↑パラパラを踊るコナン君。
  踊っているのは8代目オープニングの
  「恋はスリル、ショック、サスペンス」の時ですね。
  心配してるのか灰原さんがチラ見してる。
↑ポーズを決めるコナン君。
  ちまたでは黒歴史オープニング(OP)
  呼ばれたりしている。実に散々である。

【音源】



【Amazon】
   

コメント

コメントの投稿

非公開コメント